食物繊維

スピルリナの食物繊維量

スピルリナにいったいどれぐらいの量の食物繊維が含まれているか、野菜と比較しながら説明します。

スピルリナ レタス さつまいも わかめ
食物繊維
100gあたりの成分例

6.1g

1.1g

2.2g

3.6g

食物繊維を摂取しやすいスピルリナ

食の欧米化が進み、現在の日本人の食事は食物繊維が不足しがちだと言われています。

食物繊維が豊富に含まれている食品と言えば野菜ですが、その野菜も種類によって食物繊維の量に大きな差があります。

また、野菜から食物繊維を摂るためには毎日たくさんの量を食べなくてはならず、なかなか実現しにくいのが現実です。

その点、レタスの5倍以上の食物繊維が含まれているスピルリナは摂取の効率が良く手軽ですね。

食物繊維の働き

食物繊維はエネルギー源として体で消化・吸収されない成分。種類が2つあり、水に溶ける「水溶性食物繊維」と水に溶けない「不溶性食物繊維」とがあります。

栄養素として吸収されないのに体にとって良い影響を与える理由は、水溶性食物繊維も不溶性食物繊維も腸内でビフィズス菌などの善玉菌のエサとなるため。その結果、善玉菌が増えやすくなり、腸内環境も改善されていきます。

水溶性食物繊維

水に溶けるとゼリー状になり、小腸で栄養素が吸収されていくスピードを抑えます。これよにって食後の血糖値の上昇が緩やかになります。

不溶性食物繊維

水分を吸収するという特徴があり、腸内で便の体積を増やします。便が増えると大腸は刺激され、排便がスムーズになります。さらには有害物質を吸着する効果も持っているため、体内の不要な物質を取り込んで便と一緒に体外へと排出します。

こうした作用によって腸内は綺麗に掃除され、腸内環境がさらに整っていきます。