ミネラル

スピルリナのミネラル量一覧

スピルリナのミネラル成分量を、栄養豊富で代表的な食材のほうれん草・うなぎと比較してみました。

スピルリナ ほうれん草 うなぎ(焼)
カルシウム

194mg

49mg

140mg

鉄分

49.4mg

2.0mg

1.0mg

リン

963mg

47mg

280mg

亜鉛

1.83mg

0.7mg

1.9mg

ナトリウム

670mg

16mg

100mg

カリウム

1740mg

690mg

300mg

マグネシウム

292mg

69g

18g

スピルリナだけでさまざまな種類のミネラルを補える

表で同じ量の野菜の鉄分やカルシウムを比較すると、スピルリナがいかにミネラル豊富な食品であるかがわかります。

また、スピルリナの優れている点は、野菜だけでは摂りにくい亜鉛やマグネシウムも豊富に含まれているところです。

野菜以外では、同じ100gで亜鉛を多く含むと言われる食品の生牡蠣(養殖)で14,5mgなど。マグネシウムはシラス干しで130mgなどがあります。

こういった食品を毎日バランス良く食べられればいいのですが、仕事で忙しいときや外食が多い人からすると意外と難しいものです。スピルリナを日常的にとれば、ミネラルをバランスよく欠かさず摂取できそうですね。

ミネラルの種類と働き

「ミネラル」とは無機質の総称で、栄養素としては亜鉛・鉄分・カルシウム・マグネシウムなどがこれに相当します。それぞれの成分の特徴と働きを把握しておきましょう。

亜鉛

亜鉛は人間の体にとって必要な「必須ミネラル」の一種。細胞の分裂に関わっており、発育を促したり傷の回復を早める働きをします。

しかし体内で合成することができないため、食事など外部から積極的に摂り続けなければいけません。

亜鉛が不足すると免疫が低下し、風邪を引きやすくるなど病気に弱くなります。

亜鉛を過剰摂取するとどうなる?

亜鉛の1日の耐容上限量(過剰摂取による健康障害を未然に防ぐ量)を調べてみました。18歳から29歳の男性は40mg、女性は35mg。30歳から69歳の男性は45mg、女性は35mgとなっています。普通に食事をしている限り(例えば1日でカキ200gを食べたりしない限り)、亜鉛を摂りすぎることはまずないでしょう。

ただし、偏った食生活やサプリメント等で大量に摂取しすぎた場合は、銅欠乏による貧血、吐き気などの不調があらわれる可能性があるので十分に注意してくださいね。

鉄分

体の中に存在する鉄分は、全体の約65~70%が血液中の赤血球のために使われています。

赤血球は血液循環により体中を巡っており、肺から取り込んだ酸素を体のすみずみまで運ぶ役割を担っています。

そのため体内の鉄分が不足してしまうとヘモグロビンの量も減り、体中に運ばれていく酸素の量も少なくなって貧血の症状が現れます。

鉄分を過剰摂取するとどうなる?

鉄分の1日の耐容上限量(過剰摂取による健康障害を未然に防ぐ量)を調べたところ、18歳から29歳の男性は50mg、女性は40mg。30歳から69歳の男性は55mg、女性は40mgとなっていました。

鉄分が多いことで有名なレバーでも100gあたり4mgしか含まれていないため、鉄分が不足することはあっても普通の食事で摂りすぎてしまうことはまずないでしょう。

ただし、偏った食生活やサプリメント等で大量に摂取しすぎた場合は、鉄沈着症を引き起こしてしまう可能性があります。

カルシウム

体内のカルシウムの99%、つまりほそのほとんどは骨と歯に存在しています。カルシウムが不足すると骨や歯がもろくなり、骨粗しょう症が発生しやすくなります。

カルシウムを過剰摂取するとどうなる?

カルシウムの1日の耐容上限量(過剰摂取による健康障害を未然に防ぐ量)を調べたところ、18歳以上の男女ともに一律2,500mgとなっていました。

小魚や干しえびといった魚介類や海藻、豆類、乳製品に多く含まれるカルシウムですが、最もカルシウム含有量の多い食材は干しえびです。100gあたり7,100mgものカルシウムが含まれています。

1日で大量の干しえびを食べたりしない限り、カルシウムを摂りすぎてしまうことはありませんが、偏った食生活やサプリメント等で過剰摂取となる可能性はゼロではありません。

カルシウムの摂りすぎは高カルシウム血症や高カルシウム尿症などを引き起こすほか、重要なミネラル成分の吸収を妨げてしまう原因となるので、くれぐれも気を付けましょう。

マグネシウム

マグネシウムは約300種類以上の酵素の働きを助けている成分。その役割はさまざまで、たんぱく質の合成や神経伝達、心機能や血圧にも関わっています、

そのためマグネシウムが不足すると体にはさまざまな悪影響が現れます。

マグネシウムが不足すると不整脈が起きやすくなるほか、長期間不足している状態が続くと虚血性疾患や動脈硬化症が起こる恐れが。そのほか、吐き気や筋肉のけいれんが生じることもあります。藻類や魚介類などに多く含まれているため、普段あまり食べない方は意識して食生活に取り入れてみてください。

マグネシウムを過剰摂取するとどうなる?

マグネシウムの1日の耐容上限量(過剰摂取による健康障害を未然に防ぐ量)はとくに設定されていません。過剰摂取によるリスクもとくに報告されていないようです。

ただし、腎機能が低下している人がマグネシウムを摂りすぎると「高マグネシウム血症」になる可能性が高まるため注意が必要。また、食事以外(薬やサプリメントなど)でマグネシウムを過剰摂取するとお腹をくだしやすくなります。