タンパク質

スピルリナに含まれるタンパク質

スピルリナに含まれるタンパク質の量をわかりやすく表にまとめてみました。

スピルリナ 大豆 鶏もも肉(焼き)
タンパク質
100gあたりの成分例

67.5g

33.8g

34.7g

カロリーを気にせずタンパク質を摂取できるスピルリナ

スピルリナに含まれるタンパク質の量は67.5gと高い数値を示しています。野菜ではこのように豊富なタンパク質を摂取することはできません。

タンパク質を多く含む食品としては、大豆33.8g、鶏もも肉34.7gのほか、イクラが32.6g、マグロの赤身が26.4g、そして生ハムが24.0~25.7gなどが挙げられます。

タンパク質は肉類に多く含まれているため、充分に摂取しようとすると人によってはカロリーオーバー気味になることもあります。

スピルリナは100gあたりでも、エネルギーは378kcal。1日の摂取量3gにすれば11.34kcalです。低カロリーで効率よくタンパク質を摂取したい場合は、スピルリナがおすすめですね。

必須アミノ酸の働き

そもそもタンパク質とはアミノ酸が鎖状に結合したものを言います。

1つのタンパク質を構成するためには色々な種類のアミノ酸が必要となり、その数や結合の順番もあらかじめ決められています。

もし、そのアミノ酸が不足してしまうとタンパク質が作り出せなくなり、体にはさまざまな悪影響が現れてしまうのです。

しかし、そんなアミノ酸の中には、体に必要とされているにも関わらず体内では合成できず、絶えず外部から摂取し続けなければならないものが存在します。

ここではスピルリナに含まれている必須アミノ酸の働きを紹介します。

アミノ酸
※スピルリナ100gあたりの成分分析例
  • アルギニン:4.46g
  • リジン:3.10g
  • ヒスチジン:1.12g
  • フェニルアラニン:2.85g
  • チロシン:2.79g
  • ロイシン:5.47g
  • イソロイシン:3.39g
  • メチオニン:1.52g
  • バリン:3.74g
  • アラニン:4.83g
  • グリシン:3.23g
  • プロリン:2.49g
  • グルタミン酸:9.60g
  • セリン:3.15g
  • スレオニン:3.30g
  • アスパラギン酸:6.40g
  • トリプトファン:0.99g
  • シスチン:0.74g

※成分データ提供:DICライフテック株式会社

トリプトファン

脳内神経伝達物質セロトニンの材料となる成分です。
セロトニンは精神の安定に深く関係しており、感情や気分をコントロールしています。

ロイシン

タンパク質の生成と分解を調整することで筋肉を維持します。
子供の成長に欠かせないアミノ酸です。

イソロイシン

筋肉を作るほか、赤血球のヘモグロビンを形成するために必要となるアミノ酸です。

リジン

リジンは抗体・酵素・ホルモンなどを作るための材料となるアミノ酸です。
また、成長ホルモンの分泌を促し、カルシウムの吸収を助けるとも言われており、子供の成長に欠かせない成分の1つです。

シスチン

タンパク質の1種であるケラチンを構成するアミノ酸です。
髪や爪に多く存在しています。

チロシン

ドーパミンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質や甲状腺ホルモンなどの原料となっている成分です。
チロシンが不足すると気分が落ち込んだり意欲が減退しやすくなると言われています。

スレオニン

トレオニンとも呼ばれるアミノ酸で、成長を促進させたり肝臓への脂肪蓄積を抑制する働きがあると考えられています。

バリン

筋肉を作るために必要な必須アミノ酸です。
不足した場合には食欲が低下し、栄養不良の状態が続きます。