ビタミン

スピルリナのビタミン量一覧

スピルリナには豊富なビタミン類が含まれています。ビタミンが多いとされている野菜・果物と比較してみました。。

スピルリナ にんじん レモン
ビタミンA
(レチノール当量)

21,100μg

720μg

2μg

ビタミンB1

3.39mg

0.07mg

0.07mg

ビタミンB2

3.82mg

0.06mg

0.07mg

ビタミンB6

0.99mg

0.1mg

0.08mg

ビタミンE

12.3mg

0.4mg

1.6mg

葉酸

0.11mg

21mg

31mg

1つで野菜を上回るビタミン量

スピルリナはさまざまな緑黄色野菜を上回るビタミン量を誇っています。

注目したいのはビタミンA。粉末に加工した状態のスピルリナでは、ニンジンと同量なら22~23倍のビタミンAを含んでいます。

ビタミンB1やB2もにんじん・レモンより大幅に量が多く、色々な野菜を大量に食べるよりもスピルリナのほうが手軽なビタミン摂取ができそうですね。

ビタミンの種類と働き

ビタミンにはさまざまな種類があり、それぞれ働きも異なっています。特に摂取したいビタミンの中から、その働きを紹介します。

ビタミンA

ビタミンAは油脂に溶ける脂溶性ビタミンに数えられています。粘膜を健やかにし、目や肌の健康を保つ働きがあります。

ビタミンB

ビタミンB群とも呼ばれ、B1・B2・B6・B12などさまざまな種類に分かれています。

水に溶ける水溶性ビタミンの1つで、「補酵素」の働きを持っており、糖質・脂質・たんぱく質をエネルギーに変換する際に酵素を助けています。

ビタミンC

コラーゲンの生成に欠かせない成分で、水溶性ビタミンの1つです。何と言っても強力な抗酸化作用を持っているのが特徴。皮膚のメラニン色素の発生を抑え、体に抵抗力をつけます。

ビタミンE

脂溶性ビタミンに分類されており、強力な抗酸化作用で細胞の酸化(老化)を防いでいます。

ビタミンK

ビタミンKも、K1・K2と2種類あるのが特徴です。血液の凝固作用に関わっており、丈夫な骨を作るために欠かせない成分です。

葉酸

ビタミンという名前こそついていませんが、葉酸はビタミンB群に属しています。

葉酸はビタミンB12とともに赤血球の合成に関わっている成分で、DNAやたんぱく質の合成の促進、細胞分裂にも関わっていることから人間の体の発育にとても重要な役割を果たしています。

特に胎児にとってとても大切な栄養素であることから、妊娠中の人には摂取が推奨されています。