ビタミンE

ビタミンEは、高い抗酸化作用が特徴の成分。体内にある細胞膜の酸化を抑え込む性質があることから、美容や健康などに幅広く有効とされています。スピルリナには、そんなビタミンEが豊富。ここでは、さまざまな食材と比較しながら、スピルリナに含まれているビタミンEについて詳しく見ていきましょう。

スピルリナサプリの1日の摂取目安量は4.8g、野菜の1日の摂取目安量については50gで換算しています。

スピルリナに含まれる
ビタミンE含有量

ビタミンEは、アーモンドなどのナッツ類や、植物油に多く含まれている成分。スピルリナにも豊富に含まれている成分で、その含有量は00gあたり6.3mgと、なかなかのもの。抗酸化作用の高いビタミンAやビタミンCと一緒に摂ることが理想とされています。

スピルリナと野菜類に含まれるビタミンE含有量

(100gあたり)単位:mg(表)

スーパーなどで販売されている一般的な野菜に比べると、スピルリナのビタミンE含有量は豊富です。栄養素の宝庫と呼ばれる枝豆をも大きくしのぐ含有量です。

1日摂取目安量でみたビタミンE含有量

単位:mg(表)

各野菜の一日あたりの摂取量に含まれるビタミンE含有量に比べても、スピルリナのビタミンE含有量は健闘しています。枝豆には適わないものの、同じく栄養素の宝庫とされるブロッコリーを、やや上回っています。野菜を習慣的に摂ることが難しい方には、スピルリナサプリを利用することも有効でしょう。

ビタミンEとは

ビタミンEの特性

ビタミンEが不足すると、細胞膜が酸化して損傷されてしまい、まれに感覚障害や神経症状が起こることがあります。また、抗酸化力が低下することで紫外線への抵抗力が弱くなり、シミやシワなどの美容上の問題も起こりやすくなると言われています。

野菜類以外に含まれるビタミンE含有量

(100gあたり)単位:mg(表)

野菜以外の食材に含まれるビタミンE含有量と比べても、スピルリナのビタミンE有量は優秀です。単純に100gあたりで比較すれば、他の食材に比べてケタ違いのビタミンE含有量です。

1日摂取目安量でみるビタミンE含有量

単位:mg (表)

1日の摂取目安量に換算した場合、いわしのビタミンE含有量が突出して多いようですが、上記は「生のまいわし」を基準にした数値。別の種類のいわしで、かつ焼いて食す場合には、ビタミンE含有量は1匹あたり1.0mg未満になることがあります。安定的・習慣的にビタミンEを摂るためには、スピルリナサプリを利用することがおすすめです。

1日あたりに必要なビタミンEの量

1日あたりに必要なビタミンEの摂取量は、成人男性で6.5mg程度、成人女性で6.0mg程度です。栄養バランスの良い食習慣の方は、これら基準をクリアしていると言われているので、特に問題はありません。ただし、日ごろの栄養バランスに自信がない方は、サプリを含めた何らかの食材を通じ、少しだけビタミンEを補給したほうが良いかも知れません。

ビタミンE摂取の注意点

通常の食事の中で、ビタミンEの過剰摂取になる恐れはありません。ただしサプリメントの摂りすぎなどでビタミンE過剰摂取となった場合には、出血が止まりにくくなることがあるので注意しましょう。また近年の研究では、ビタミンEの過剰摂取が骨粗鬆症のリスクを高めるとの報告もあります。

※過剰摂取の目安

スピルリナで
毎日のビタミンEを補おう

栄養バランスを意識した食生活を送っているならば、特にビタミンEが不足することはありません。ただし、忙しさのあまり朝食抜きの生活が続いている方や、ファストフードやコンビニ食が中心となっている方は、健康と美容のためにも、スピルリナサプリで安定的にビタミンEを補うことをおすすめします。

参考サイト

[注1]文部科学省「日本食品標準成分表(2015年版)七訂」

[注2]DICライフテック株式会社「その2-3. 成分表・比較表」

 

関連記事

    関連記事はありませんでした