Spira Styleについて » スピルリナの飲み方・摂り方

スピルリナの飲み方・摂り方

スピルリナの飲み方・摂り方

スピルリナの飲み方・飲む量は、商品タイプによって異なります。そこで生活シーンごとに、おすすめの飲み方をいくつかご提案!自分のスタイルにあうものがきっとみつかります。

スピルリナの飲み方・摂り方

スピルリナの1日の摂取目安・飲むタイミング

1日2~3g

スピルリナの摂取目安量は、1日2~3g程度。商品によってスピルリナの含有率が異なるため、おおよそ粒状タイプのサプリで15~30粒、粉末・パウダー状のもので2g(小さじ1杯)ほどです。生タイプのスピルリナは水分を含んでいるのでその分多くて、1日50gが目安だと言われています。

スピルリナの
飲み方・摂り方Q&A

Q:どのタイミングで飲むのがベスト?

A:飲むタイミングは、特に指定はありません。食事のサポートとして食前・食後のいずれかでスピルリナを摂るのがベストでしょう。食前と食後で飲む効果が違うなどとも言われていますが、まだ研究段階のためハッキリした違いは明確ではありません。3食のうちの食前・食後で自分が習慣づけしやすいタイミングに合わせるのがおすすめです。

また、スピルリナの種類によっては、1回の摂取量や1日の摂取量などが記載されているものもあります。メーカーによって、スピルリナのタイプが違うのでチェックしてみましょう。

Q:いつまで飲み続ければいいの?

A:スピルリナは、栄養補助食品です。そのため、即効性があるものと違い、継続的に飲むことがおすすめです。毎日の栄養を補うために摂取することを意識して、まずは3か月間飲み続けてみましょう。スピルリナには、毎日の食事から摂取することが難しい豊富な栄養素が含まれています。個人差はありますが、飲み続けることによって、実際に体にとって良い変化が出てくる方もいるようです。健康的な体に整える補助的サプリメントとして、毎日忘れず飲み続けるようにしましょう。

Q:どの会社のスピルリナも同じ?

A:スピルリナにも違いはあるようです。お米や野菜なども産地や品種によって成分が少し異なりますよね。スピルリナもメーカーによっては、カロテンやゼアキサンチンなど栄養成分の濃度が異なることもあります。また、重金属などを含む安価な類似品もあるので、しっかりと商品を選んで飲みましょう。形状も、パウダータイプのものから、錠剤やカプセルタイプのものまで様々あります。スピルリナ100%のもの、そうでないものとありますので、購入前に確認してくださいね。

Q:子どもや高齢者、妊婦でも飲める?

A:スピルリナは薬とは違い、子ども・高齢者・妊婦の方も飲むことができます。しかし、人によっては配合成分にアレルギーを持っている場合もあるので、成分表は必ずチェックしましょう。

スピルリナは、海の植物である「藻」を粉末や粒にして飲みやすくしています。そのため、幅広い年齢や性別の方でも摂取できる栄養補助食品です。子どもが飲む場合、摂取量などは食事の偏食の程度に合わせて調整することをおすすめします。初めてスピルリナを飲む場合は、少量から摂取してみましょう。

安心安全なスピルリナですが、類似品として販売されている粗悪な商品もありますので、注意しておきましょう。

Q:体に合わないこともあるの?

A:スピルリナには、50種類以上の栄養素が含まれています。そのため、場合によっては体調不良となる恐れもあります。例えば、海産物等のアレルギーがある方はアレルギー反応を起こす可能性があるようです。初めて飲む場合は、少量から始めてみましょう。また、持病がある方なども注意が必要です。心配であれば、かかりつけ医に相談後スピルリナの摂取をスタートさせるようにしてください。

そのほか、好転反応が出ることも考えられます。発疹や下痢などの症状が出た場合は、いったん摂取を中止して様子をみましょう。

Q:薬と一緒に飲んでも問題ない?

A:薬を服用中の場合は、少し注意が必要です。スピルリナは、ビタミンKという血液凝固阻止剤の働きを弱めてしまう恐れがあります。ビタミンKは、納豆・青汁・クロレラなどに多く含まれる栄養素です。心筋梗塞や脳卒中などを起こした経験があり薬を服用している方、ビタミンKを含む食品に対して食事指導等を受けている場合などは摂取を控えるようにしましょう。

服用中の薬を確認してから摂取することをおすすめします。

生活スタイルにあわせた
スピルリナの飲み方・摂り方

スピルリナの摂取方法は、主に粒状・粉末・生とさまざま。自分の生活にあう摂り方をみつけてくださいね!

  • 時短サプリ派

    スマート派

    「もうこんな時間!?
    早く食べなきゃ」

    スマート派

    粒状サプリなら
    栄養10秒チャージ

    平日の朝はいつも、家族みんなの準備や見送りでバタバタ。自分のご飯は、パンとコーヒーで軽くすませよう!でもスピルリナサプリで、栄養はしっかり摂取しないとね。

    スマート派

    「休日だし、家族みんなで出掛けよう」

    スマート派

    外食は粒状サプリで
    栄養フォロー

    休みの日は、街へお出掛け。家事もちょっとお休みモード。晩ご飯も、みんなで外食かな。でも栄養バランスはちょっと気になる…。スピルリナサプリを飲み忘れないように持っていこう。

    時短派におすすめは粒状スピルリナサプリ

    こんな人は時短派

    • 料理も食事も手早く済ませたい人
    • 外食が多い人
    • 野菜嫌いな家族がいる人
    スピルリナ ナチュラル
    スピルリナナチュラル

    これ1つに炭水化物・食物繊維・脂質・タンパク質・ビタミン・ミネラルの六大栄養素が含まれているサプリです。健康や美容に必要な成分をバランス良く、素早く摂取できます。

    • 価格:お試し980円(税抜・送料無料)
    • 内容量:210粒
    • 1日の摂取目安:9~15粒
    スピルリナナチュラル

    スピルリナ ナチュラルを
    送料無料でさっそくお試し!

    手軽さ抜群!粒タイプの
    「スピルリナナチュラル」

    スーパーフードであるスピルリナを粒タイプにした「スピルリナ ナチュラル」。栄養価の高いスピルリナ100%が、飲みやすい粒タイプになって気軽に摂取できるうれしい商品です。

    ビタミン・ミネラル・タンパク質・炭水化物・脂質や食物繊維まで50種類以上の豊富な栄養素をバランス良く取り入れることができるスピルリナ。消化吸収率が95%と、しっかり体内に取り込めるのも特徴です。

    外出時や旅行先にも持ち運びやすい粒タイプだから、毎日欠かさず摂取することもできます。出張が多い、仕事が不規則だから決まった時間に飲むことが難しい人はサプリメントケースを活用するのもおすすめ!

    1日15粒が摂取目安量の「スピルリナ ナチュラル」。外出時は、バックにサプリメントケースを入れて持ち運ぶようにすれば、急な予定が入っても安心です。ケースも、軽いプラスチックタイプのもの、場所を取らないコンパクトなものなどサイズや種類も豊富。1日分入るタイプやケース内が仕切りになっている大容量にも対応できるタイプなどもあります。自分のライフスタイルに合ったものを探してみると良さそう。

    「スピルリナ ナチュラル」は、忙しい人にもぴったりな商品です。

  • こだわり
    パウダー派

    こだわり派

    「ひと味違う
    スムージーが飲みたい」

    こだわり派

    パウダーなら
    簡単アレンジ

    朝食は、暑い夏も寒い冬もスムージーを飲んで1日が始まる。いつものスムージーのレシピにスピルリナパウダーをひとふり足すだけで、味も栄養もバージョンアップ。

    こだわり派

    「甘いものは我慢したくない」

    こだわり派

    手作りロースイーツは
    罪悪感なし

    自分へのご褒美に、休日には甘いものを少しだけ。ローフードカフェへ出掛けるのもいいけど、お菓子作りも大好き!今日は、スピルリナパウダーを使ってカラフルなローケーキづくりに挑戦。うまくできるかな?

    こだわり派の人におすすめはスピルリナパウダー

    こんな人はこだわり派

    • 忙しくても料理をしっかり作る人
    • 料理のアレンジが得意な人
    • ロースイーツが好きな人
    DICスピルリナパウダー
    DICスピルリナパウダー

    50種以上の栄養成分を含んでおり、ドリンクに混ぜたり料理に使うことで美味しくスピルリナを摂取することができます。

    • 価格:1,700円/990円(税込)
    • 内容量:100g/1.5g×20袋
    • 1日の摂取目安:2g
    DICスピルリナパウダー

    DICスピルリナパウダーを
    通販・ショップで
    お買い上げ!

    アレンジ自由自在!
    DICスピルリナパウダー

    料理好きにはうれしい、アレンジも自由自在なのが「DIC スピルリナパウダー」。定番アレンジの1つがスムージーです。適量の水に好きなフルーツや野菜を入れ、スピルリナパウダーを一緒にミキサーにかければ栄養満点のスムージーが完成です。毎朝の食事にもぴったりですね。他にも、パスタソースやカルパッチョにかけるだけの簡単アレンジが可能なことも魅力の万能商品です。

    焼き菓子の生地に混ぜても使うこともできるから、スイーツ好きにもおすすめ。分包タイプと100gタイプとあるので、使用方法に合わせて選んでも良さそうですね。

    いつでもさっとひと振りできるように、キッチンや食卓に置いておくと、習慣化しやすくなります。パウダー系調味料を保管する入れ物に入れておくと、使いやすくて便利です。

商品提供
DICライフテック

DICグループロゴ

DICグループは1970年から半世紀にわたってスピルリナの研究を続けてきたグローバル企業。1977年には、販売を目的とし世界初の管理培養によるスピルリナ量産化に成功しています。

アメリカの自社ファームでつくるスピルリナは「DIC アースライズ スピルリナ」としてブランド化されています。培養から商品化までに徹底した管理を実施。ISOやGMP、日本スーパーフード協会からの推奨など、品質の高さは外部機関からも認証されています。

当サイト「Spira Stlye」では、スピルリナサプリの正しい情報をお届けするために、スピルリナ専門家と呼ぶにふさわしいDICライフテックに商品提供ほかさまざまなご協力をいただいております。

生タイプの飲み方・摂り方もチェック

そのままでも混ぜてもOK

生タイプは、冷たいジュースやヨーグルトに混ぜて食べると簡単に摂取できます。1日1パックを摂取するものが多いので、「朝食時に1パック食べる」といった習慣づけがおすすめです。お湯など温かいものと混ぜたりすると、鮮度が失われたり品質にも影響が出るので注意しましょう。

凍らせれば持ち運びもOK

生タイプの場合、常温での持ち運びや移動は、鮮度や品質などが損なわれる可能性があります。

そこでおすすめの方法は、凍らせて保存!冷たい飲み物に凍らせた生タイプを入れて持ち運べば、2時間程度は美味しく摂取できるようです。自宅での保存方法としても、凍らせるのがおすすめ。飲む前に流水や漬け置きで解凍すれば、新鮮なまま摂取することができます。

スピルリナの
効果や効能は?

豊富な栄養素を含むスピルリナ。毎日の食事のサポートとしての摂取が勧められていますが、実際にどんな効果が期待できるのか気になりますよね。

実は、男性にも女性にもうれしい効果がたくさんあるようです。健康的に美しくなりたい人、体質改善したい人など様々な人におすすめです。

ここでは、スーパーフードエキスパートもイチオシ!のスピルリナの効果と効用を紹介しています。毎日摂るとどんな良い効果があるのか、チェックしてみましょう。

スピルリナの飲み方・摂り方
バリエーション

現在、スピルリナは、粒状サプリ・粉末・生タイプとさまざまな形状で販売されています。

自分の生活スタイルにはどのタイプが合っているのか、それぞれのスピルリナのメリット・デメリットを把握しておきましょう。

  • 粒状サプリ

    粒状・錠剤のサプリは小さいため携帯するのに便利で、外出先でも手軽にスピルリナを摂取できます。

    スピルリナ100%でつくっているもの、カプセルでコーティングしているものなど、加工によって、内容成分が変わります。

    同じくスピルリナの配合量も異なるので、製品ごとに1日の摂取量に違いはありますが、おおよそ15~30粒程度です。少し多く感じる人は、毎食分けて飲むのがおすすめ!

    粒状サプリの飲み方・摂り方

    粒状サプリは、1日15粒ほどの摂取が目安量になります。朝・昼・晩と3回の食事のときに、小分けにして摂取すると、1回の量を少なくできます。1回で目安量を一気に飲んでも良いですし、飲みやすい量に調整してもOK。また、サプリメントは食品なので、飲み忘れたからと言って無理に目安量を摂る必要はありません。

    水でさっと飲める粒タイプは、どこにいても摂取できるのがうれしい点。仕事や家事で忙しい人でもさっとスピルリナを摂取できます。外出時は、サプリケースに入れて持ち運ぶことを習慣づけましょう。

    忙しくてゆっくり時間が取れない人や外食が多い人も無理なく続けられそうなのが、粒状サプリです。

    粒状サプリのメリット・デメリット

    粒状サプリは気軽に飲め、持ち運びが自由な点がメリットです。粒状のものにも、カプセルタイプのものやフィルムコーティングされた錠剤のものなどがあります。

    デメリットは粒の大きさや量です。子どもや高齢者には、大きさによって飲みにくいと感じることがあるでしょう。粒状サプリで多いのが7ミリから9ミリ程度の大きさのもの。スピルリナは、1日に摂取する目安量が15錠からと多めです。そのため、自分が飲みやすいサイズのものを選ぶことも大事。誰が飲むのかによって粒状サプリの種類を決めても良さそうですね。

    15錠からが一般的なスピルリナのサプリメントですが、商品によっては20錠、30錠と量が多いものもあります。粒状のものが飲み込みにくい、苦手な方にとっては、形状にプラスして飲む量もデメリットになりえます。飲みづらいと続けづらくなってしまうので、自分に合った形状と量を選ぶようにしましょう。

  • 粉末・パウダー

    粉末・パウダータイプのスピルリナは水に溶かしてそのまま飲むことも、ほかのドリンクや料理にも使うことができ応用性の高さが魅力。

    サプリメントとして意識せず、栄養価の高い野菜のような感覚でさまざまなレシピに活用できるので、より自然にスピルリナを生活の中に取り入れたい方におすすめです。

    持ち運びにはやや不向きなところも…。旅行先のお供にするなら、分包されている製品を選ぶと良いでしょう。

    粉末・パウダーの飲み方・摂り方

    粉末・パウダータイプは、小さじスプーン1杯が目安量です。料理にさっと混ぜて使用するだけで、スピルリナの栄養成分を摂取することができます。毎日の料理やドリンクなどに入れて混ぜるだけの手軽さも魅力。ホットケーキミックスに混ぜれば、子どもが喜ぶ美味しいおやつにも。密閉性の高い保存用のガラス容器などに入れ替えて、食事の際に使いやすいようにしておくのがおすすめです。

    粉末・パウダーの
    メリット・デメリット

    粉末・パウダータイプのスピルリナのメリットは、何にでも混ぜて摂取することが可能な点です。自炊派におすすめなのが、この粉末・パウダータイプ。家族みんなの健康のために食事に摂り入れるにはぴったりの形状です。毎日作る料理に入れてしまえば、子どもにも栄養たっぷりのスピルリナを食べてもらえます。無理なく高い栄養を摂らせてあげられることはうれしいですよね。ソースなどに混ぜてしまえば、粉っぽさが苦手な人にも気づかれないほど万能な点も魅力です。

    デメリットとしては、持ち運び自体が難しいことです。また、アレンジが自由なことがメリットの粉末・パウダータイプですから、外食などが多い方には不向きかもしれません。

    自分のライフスタイルに合った形状を選ぶことがおすすめです。また、旅行などに行く場合には、持ち運びも可能な分包タイプの粉末・パウダータイプを選ぶと良いでしょう。

  • 生タイプは、スピルリナを収穫したままに近い状態でパック詰めしているため、スピルリナそのままを食べられる良さがあります。

    丸ごと飲むことも、凍らせて食べるのもアリ。上級者向きです!

    生タイプは水分を含む分、1日の飲む量が他と比べて多く、鮮度の維持と保存方法に気をつける必要があります。

    生タイプの飲み方・摂り方

    生タイプは、1日1パックの摂取となります(商品にもよります)。パックから出してそのまま食べてしまってもOK。味に慣れていない人は、飲み物やヨーグルトに混ぜて摂取すると◎です。量が多い場合は、冷凍させたものを割って調整してもいいでしょう。生タイプは、熱によって鮮度や品質が落ちてしまう可能性があるので、飲み物などに混ぜて摂取する場合は、常温か冷たいものと一緒に摂りましょう。

    生タイプのメリット・デメリット

    生タイプは、他のスピルリナと違って加熱をしていないのが特徴です。熱によって壊れやすい成分も摂取することができるのがメリットの1つ。生タイプは、新鮮な状態のスピルリナを急速冷凍しているので、無味無臭だといいます。そのまま飲んでもヨーグルトなどに混ぜても食べやすいのが特徴。ただし、人によっては独特の風味を感じることもあるようです。

    反対にデメリットとされるのは、熱に弱い点。鮮度が自慢の生タイプは、熱により鮮度や品質が損なわれる可能性があるようです。また、保存方法についても同様に注意する必要があります。冷凍保存をして一度解凍してしまったものを再冷凍することもNG。摂取方法と保存方法に限りがある点が気にならなければ、生タイプにチャレンジしてみてはいかがでしょう。

  • スピルリナレシピ

    スピルリナを使った料理は、何が思いつきますか?意外にもスピルリナは、主食系・スイーツとなんにでも大活躍です!レシピを参考にアレンジして、普段の食事に健康をプラスしてみましょう。

  • スピルリナは
    何歳から飲んでもOK

    体に良いとされるスピルリナなので、ぜひ可愛い我が子にも飲ませてやりたいものです。

    スピルリナは、子供でも妊婦でも授乳婦でも、どんな方でも安心して飲むことができるサプリメント。WHO(世界保健機構)も「子供に飲ませることができる」と公に報告しています。

    好き嫌いの激しいお子様や、偏食の著しいお子様には、ぜひ日常的にスピルリナサプリを摂らせるようにしていきましょう。

スピルリナの成分は
他のスーパーフードと
何が違うの?

100g辺りの違いをチェック

スピルリナには、50種類以上の栄養素があると言われていますが、どのくらい高い栄養が含まれているのか気になりますよね。栄養価が高くスピルリナと比較されることが多い、ユーグレナ・クロレラとの100gあたりの成分の違いをチェックしてみましょう。その他、ほうれん草や青汁との違いもあります。

ユーグレナ(ミドリムシ)との違い

ユーグレナは、スピルリナと同様で藻の一種で、ミドリムシのことを言います。一見同じようなものかと思われますか、ユーグレナよりも低カロリー・低脂質・高タンパクなのがスピルリナです。またカリウムも8倍以上と大きな違いがあります。

クロレラとの違い

クロレラも同じく藻類ですが、栄養成分自体は大きな違いはないようです。しかし、グリコーゲンを生成するスピルリナは、消化吸収率がクロレラと比べて高いのが特徴。豊富な栄養素をくまなくエネルギー源にできる点は大きな違いです。

ほうれん草との違い

栄養価の高い緑黄色野菜の代表、ほうれん草と比べるとタンパク質がなんと30倍!その他の成分も2倍以上の数値でスピルリナの栄養価が高いことがわかります。スピルリナ1つで豊富な栄養をカバーできるのが、いちばんの魅力ではないでしょうか。

栄養バランスに配慮した献立を毎日考えて食事を作るのは大変。そんなときに、バランス良く栄養が摂れるスピルリナは、ベースサプリメントとしておすすめです。

スピルリナの味や香りを
形状別にチェック!

継続的に摂取することがおすすめのスピルリナ、どんな味や香りがあるのか気になりますよね。実際にスピルリナを飲んだことがある人からは、「ほうれん草」や「昆布」の味や香りに近いという感想がありました。

粒状タイプの味・香り

粒状タイプは、味・香りともにあまり感じない人が多いようです。海藻類の香りがするなどという声もありますが、粒状タイプは飲みやすいとのこと。粒状タイプの場合は、飲み物で流し込むだけなので、味や香りにクセのあるものが苦手な人にはぴったりです。

粉末・パウダータイプの味・香り

粉末・パウダータイプは、磯の香りに近いと感じる人もいるようです。味については、特にクセがなさそうな印象。粉末・パウダータイプは、様々な料理にも活用できるので、スピルリナ自体の味も気にならないのかもしれません。お味噌汁にひとさじ入れてしまえば、香りも気にならず摂取できそうですね。

生タイプの味・香り

生タイプは、他の形状に比べて味・香りが強そうなイメージがありますよね。生タイプも粉末・パウダータイプと同様、若干磯の香りがするようです。食感が独特のようで、どっしりとお腹にたまるような感覚があるそう。一度試してみてから本格的にスタートした方がいいかもしれません。

味や香りが苦手な人には?

スピルリナで気になるのは、味よりも香り。海で育つ藻の一種であるスピルリナは、においに敏感な人だと、メーカーや種類によって香りが気になってしまう可能性があります。香りが苦手だから続けられないかも…と心配な人におすすめなのが、粒状タイプ。香りも感じにくく、独特の食感や味なども気にならないので継続しやすいでしょう。粒状タイプは、他のものと違い保管方法も難しくありません。直射日光に当てない点などに気をつければ、メリットもたくさん!

スピルリナは、体にもメリットがある注目のスーパーフードです。効果を実感するには、継続することがいちばん大切。自分が続けられるスピルリナを選ぶことを意識しましょう。

美と健康の国カリフォルニア育ちのスピルリナ

DICのスピルリナの原産国はカリフォルニアです。セルフメディケーションという考え方を持ち、健康に対して意識が高いことでも知られるカリフォルニアは、食事と合わせて栄養を摂る習慣のある地域。今、国内でも注目度がアップしているスピルリナですが、世界で初めて管理培養されたものがDICのスピルリナです。南カリフォルニアの強い陽ざしを浴び、良質で生命力あふれるスピルリナが育てられています。

国際基準である、「FSSC22000」や「HACCP」「GMP」などを満たしていることもポイントです。長い間研究を重ねたDICのスピルリナはブランド化され、世界各地で愛用者がいるほど。国内工場で製品化されているのも、利用者にとって選ぶ基準となっています。

ヴィーガンやヨギーからも注目を集めている

スピルリナは、お肉を食べないヴィーガンに愛用されている栄養補助食品です。乳製品を含む動物性食品を食べないことで知られるヴィーガンは、タンパク質や脂質などの栄養素が不足してしまいがち。そんなときに栄養を補えるスピルリナは、健康的な体を維持するにはぴったりのサプリメントになっているようです。

最近では、ヨガスタジオでもヴィーガンを取り入れているそうです。心と体とのつながりを感じ、心身の緊張をほぐしていくヨガでは、口から体内に摂り入れるものについての意識も高いのが特徴。体に優しいうえ、高い栄養価を誇るスピルリナは、そんなヨギーにも注目されています。低カロリーでタンパク質も豊富なスピルリナを、ヨガ後に摂取するのを推奨するスタジオなども増加しているそうです。