粒状サプリの飲み方

粒状サプリは持ち運びに便利なサプリメント。さっと手軽に飲めるのはもちろん、スピルリナを外出先で摂取するのに最適です。このページでは粒状サプリの飲み方や粒状サプリが持つメリット・デメリットをご紹介していきます。

持ち運びに便利な粒状サプリ

粒状サプリは何と言ってもその小ささが魅力的。飲みやすさはもちろん、どこにいても摂取しやすい大きさとなっています。

スピルリナの粒状サプリとは

粒状サプリは文字通り粒状になっていサプリメントのこと。錠剤タイプやタブレットタイプなどがあります。

似たようなものに「粉状(粉末)サプリメント」というものがあります。粉状サプリメントは粒状よりもさらに細かく、粒状サプリと比べると手軽にはちょっと飲みにくいです。

なぜ粒状よりも細かいのに飲みにくいかというと、粒が細かくなるほど口の中の粘膜に付着しやすくなってしまうため。ですが、別の食べ物に混ぜたり加えたりできるのは便利かもしれません。

対して粒状サプリは、粘膜に付着しにくく、飲みやすいちょうどいい粒の大きさとなっているためどの年代の人でも場所を問わず飲むことができます。また、水に溶けやすいのも粒状サプリの特徴です。毎朝の食事の前後、外出先などシチュエーションを選ばずに摂ることができます。

スピルリナの粒状サプリの飲み方

スピルリナサプリの目安量

粒状サプリの1日の摂取量は15粒~30粒が目安とされています。1回にまとめて飲むのが大変な方は、数回に分けて飲むようにすると楽に摂取することができるのでおすすめです。

1日15~30粒が目安ですが、薬と違ってサプリメントは自分で飲む量を調整することができます。負担に思う方は1日10粒程度に減らして飲んでもいいでしょう。また、スピルリナを始めて試すという方は、少量から始めるようにすると負担が少なく続けられます。

飲むタイミング

分け方としては朝・昼・晩の3回に分けるのが一般的ですが、必ずこの時間に飲まなければならないという決まりはないため生活リズムに合わせて飲むといいでしょう。分けずに1度に飲むという方法も決してダメではありません。

おすすめのタイミングは食後です。それは、食後が最もサプリメントの吸収率が高くなるため。粒状サプリを飲む際は意識してみてくださいね。

粒状サプリはどこでも水があれば手軽に摂取できるのが魅力的。出かけ先でも場所や時間問わず自分の好きなタイミングで飲むことができます。外出する際は水とセットで粒状サプリを持ち運ぶように習慣づけるようにしてみてはいかがでしょうか。

スピルリナの飲み方・摂り方

スピルリナの粒状サプリのメリット

粒状サプリは飲みやすさ、持ち運びやすさがメリットです。忙しくて食事をとれないときでも、さっと水だけで栄養補給ができます(なるべくご飯はちゃんと食べましょう)。

仕事先やお出かけ先などでも場所を問わず摂取できる粒状サプリは、とても便利だと感じることができるでしょう。サプリメントケースに入れて持ち運べるので、さほどバッグを圧迫することもありません。手軽さが何よりの魅力です。

スピルリナの粒状サプリのデメリット

粒状サプリの唯一のデメリットは粒の大きさにあります。粒状サプリの平均的な大きさが約8ミリ。この大きさは子供や高齢者にとっては飲みにくいと感じるかもしれません。また、粒状サプリの1日当たりの摂取量目安は15粒~30粒程度。これも多いと感じる可能性があります。ただ、この点に関して言えばサプリメントは自由に摂取量を操作することができるのであまり気にする必要はないのかもしれませんね。

どうしても飲みにくいときは、パウダータイプにして飲み物に混ぜてしまうのもいいですよ。

飲み始めは要チェック!
スピルリナで噂される
副作用・リスク